学 生 の 声 

 

1年   山口まりか   福岡県大牟田高等学校出身

  

 私は父が機械制御に関する仕事をしていることもあり、その姿を身近に見て自分も人々の生活を助ける機械の製作やものづくりをしたいと思い機械システム工学科を選びました。
 大学では、勉強やサークルが高校の時とは違い、自分のやりたいこと、学びたいことに挑戦することができます。勉強では、生徒一人一人へのサポート体制が充実しているので、先生と学生の距離が近く、疑問に思ったことを気兼ねなく尋ねることができます。サークルは重音楽部と加工プロジェクトに入り、友達、先輩など多くの人と知り合うことができ、楽しく有意義に過ごしています。
 私は設計から製作までの全てを自分で手掛けて行きたいと思っているので、今後は旋盤技能や機械設計などの資格取得を目標に、溶接技術、加工技術なども学んでいきたいと思っています。そして、将来はものづくりを通して困っている人の助けになれる技術者になり、地域に貢献して行きたいと思っています。具体的には、大学で学んだ知識、技能を駆使して機械の創造に関わっていき、日常生活に役立つ機械製品を開発していきたいと思っています。使う人が重宝する機械を作るために、日頃から色々な物に関心を持って、積極的に人と関わっていけるよう心掛けて大学生活を頑張りたいと思います。

 

 

1年  帆足 景太  長崎県佐世保工業高等学校出身

     

 私は元々ロボットに興味があり、ロボットについて学び、自分で作り動かしてみたいと思っていました。そこでロボットについて学べる大学を調べてみたところ、久留米工業大学の機械システム工学科にロボティクスコースがあり、深く学べると思いこの学科を選びました。
 大学の授業は数学や物理などの基礎科目だけでなく、1年から専門科目もあります。専門の授業は大変ですが、基礎から教えて下さるのでとてもわかりやすいです。また、大学には様々なサークルがあり、私は加工プロジェクトに所属し、今は先輩方から溶接や旋盤の使い方を教えて頂いています。
 今後ロボットの仕組や制御などを学び、機械やコンピュータについての知識や技術も深め、様々な資格を取得したいと思っています。また将来、介護や福祉で役に立てるようなものを作りたいと思っています。

 

 

 

2年 大神 優佳  福岡県福岡工業高等学校出身

     

私は元々、介護や医療に関係する機器の開発に関心があり、オープンキャンパスで松尾研究室を見て、自分もこの研究室で学びたいと思い、機械システム工学科を選びました。
 この学科に入って一番に感じたことは教員と学生との距離がとても近いことです。特に印象に強かったのは、授業の空き時間に進路について話をしたことです。一年の頃からできること、またやるべきことを何気ない会話の中で話して頂きました。特に女子学生ということもあり、そのあたりを踏まえてアドバイスを頂きました。
 機械の分野は幅広いので色々なことを学んでいますが、その中でも力学系を大切に学ぶようにしています。その他、電気や情報の知識も将来、機械設計技術者3級の資格を取得するために勉強しています。また、溶接等の実技の資格も自分の加工スキルを上げるために取得しています。
 将来は介護の現場で使われるような機器の開発をしたいと思っています。元々工業高校に入ったのもそのためでしたし、大学に入ってから先生方の話や研究を見て、よりその思いは強くなりました。
 まだ介護用機器自体を取り扱う企業は多くはありませんが、将来自分が死んだ後も使い続けられる介護用機器を作りたいと思っています。

 

 

 

2年  上山 駿   熊本県玉名高等学校出身

     

 私はロボット開発を大学で専門的に学びたいと考えていました。本学には「創造工房」や「ものづくりセンター」など、学生が自主的に「ものづくり」を行うための施設・設備が充実しています。ロボット開発のアイディアを早く形作ることができるのはとても魅力的だと考え、本学の機械システム工学科を志望しました。
 講義の多くは新設された100号館で行われ、きれいな教室で快適に講義を受けられます。しかし、普通科出身の私にとって「加工演習」は全てが初めての事ばかりで苦労しました。特にアーク溶接の実習は怪我をする危険度が高く、慎重に取り組みました。玉名高校からたった一人の入学で友達ができるか不安でしたが、個性豊かなクラスメイト達と楽しく過ごしています。
 現在はプログラミング言語の習得に力を入れています。1年生の時より自主学習の時間が増え、基本情報技術者やITパスポートなどの情報系の資格も積極的に取得していけるように頑張っています。
 将来の夢はロボット開発に携れる企業で働くことです。また、私の実家は農家であり、「農作業の苦痛を減らしたい」、「農業機械の安全性を高めたい」という思いから、農業分野にロボット開発を通して関わりたいという希望もあります。残された学生生活でロボット開発の知識と経験を蓄えられるように頑張りたいです。

 

 


3年 大西 佳奈 山口県山口中央高等学校出身   

     

 久留米工業大学は高校の担任の先生に教えてもらって知りました。私が工学部へ進学したかったことと、実家のある山口から比較的近くにあったことからこの大学を選びました。また、資格取得に対するサポートが充実していたことも理由の一つです。
 機械システム工学科に入って、先生との距離が近いなと感じます。勉強のことから趣味の話まで、いろんな話をして下さってとても親しみやすいです。サークルは加工プロジェクトに入っていて、旋盤や溶接等、自分の興味のあることについて実践的に学んでいます。
 高校は普通科でしたが、大学に入ってからステンレス鋼溶接基本級TN-F、3級技能検定普通旋盤作業、第二種電気工事士の資格を取得しました。これから先、2級技能検定普通旋盤作業、機械設計技術者3級等の資格にチャレンジしたいと考えています。
 私は将来、ものづくりに携わる仕事がしたいと思っていますが、学んでいく中で、ものづくりと言っても様々な分野があることを知りました。自分のやりたい事、向いている事など、よく考えて、来年、就職活動に臨みたいと思います。

 

 

 

 

3年  岩元 誠一郎  鹿児島県出水高等学校出身

     



 私は高校の普通科に通学していましたが、ものづくりが好きで、機械科のある私立大学を調べる中で、福岡に憧れていたことと、ロボットについて学べるコースがあったこと、また、就職率が90%以上だったことから本学の機械システム工学科を志望しました。
 同じ学科の学生が50名程であるため、学生同士はすぐ仲が良くなり、3年目の現在ではかなり絆が深まりました。高校とは違って、選択科目が多いため、より自分に興味がある科目が学べるようになっています。また、昨年、新校舎である100号館が完成し、きれいな環境で学習できるようになりました。本学は資格取得の際の受験料等の負担を一部補助してくれるため、様々な資格取得に挑戦しやすいと思います。
 3年では、特別ゼミという科目で機械設計技術者試験の対策をしています。この資格は、取得すると就職にもかなり有利となるため、少しでも合格に近づけるよう勉強を頑張っている最中です。就活まで残り1年を切ったので、業界研究やSPI対策を始めようと考えています。
 将来はメーカーで開発を担当し、生活を便利にできるような製品を生み出していければと考えています。今年はかなり大事な年となってくると思うので、インターンシップにも参加し、職業選択に活かせればと考えています。

 

 

 

4年  林田 亜季  福岡県つくば開成高等学校出身

     

 私は元々、将来の夢があったり機械に詳しいと言う訳ではなかったのですが、機械を扱える女性がかっこいいと思ったことと、環境のことを学びたいと思っていたので環境エンジニアリングコースのある本学を選びました。
 機械システム工学科は女子学生が少ないので、他学科に比べても先輩後輩の距離が近いと思います。先生方も気に掛けてくださる方が多いので、学生生活に困ることは少なかったです。
 私は本学の大学祭である「愁華祭」の実行委員会に所属していました。委員会の活動を通して男女を問わず友人が多くでき、また多くの先生方と面識が増えたのでサークルや委員会活動に是非参加して欲しいと思います。
 私は大学生活で一番力を入れた委員会活動を通して、多くのことを経験し学んできました。大学祭実行委員会では企業の方と接する機会が多かったので、社会人としてのマナーを学生のうちに自然と身につけ、教職員との交流や日々の活動の中で「報・連・相」の重要さを学びました。
 私は火力発電所、都市ゴミ処理の焼却設備向けのトータルエンジニアリングを手掛ける企業へ就職が決まりました。設備からメンテナンスに至るまでの幅広いサービスの提供ができるスペシャリストになりたいと思っていたので、大学で学んできた知識や多くの経験を生かして努力して行きたいと思っています。

 

 

   4年  北村 真也  佐賀県三養基高等学校出身

    

 高校生の時、テレビ番組で技術者同士の闘いを見て、「こんな技術者になりたい」と思い、機械について専門的なことを学べる機械系の学科を選びました。また、ホームページやパンフレットを見て大学を調べていると、先生と学生の距離が近く、楽しく勉強ができると思い久留米工業大学を選びました。
 大学は高校に比べて自由な時間が多いと思いました。高校の時は決まった時間割で授業を受けていましたが、大学では必修科目もありますが、選択科目も多く、自分で時間割を組んで予定を決めることができます。そして、空いた時間でバイトしたり、サークルに行ったりしています。
 4年間を通して機械工学について深く学んできました。1年生の時は基礎の部分を学び、2年、3年と学年が上がるにつれより難しい内容となっていきました。4年間の授業で一番印象に残っているのは1年生の時の実習の授業です。私は普通科出身だったので、旋盤を使ったり、溶接を行ったりするのがとても新鮮な気持ちだったのを今でも覚えています。
 私は高度な精密加工装置及びツールを製造販売している企業に内定が決まりました。工場見学の際に、コスト削減と現場の方の負担を軽くする効率化の一端を感じました。その企業で、私は生産設備職においてオーダーメイドな製品作りと生産現場の方を支える仕事をしていきたいと思っています。