コース内容

機械デザインコースおよびロボティクスコースの2つのコースにより、                       それぞれのモノづくりスペシャリストになれるようにカリキュラムを構成しています!

機械デザインコース

 

生産機械、通信機器など、ほぼ全てのものづくりは機械工学を基盤としています。                     この機械工学について幅広く学ぶのが機械デザインコースです。                             3Dプリンタなど最先端の機器を自由に使い自分がイメージしたものを                           1年次のうちから形にして手に取り、実践的に追求できます。                              資格取得のフォローも充実しており、さまざまな分野で活躍する力が身につきます。

 

技術情報1

 

 


 

ロボティクスコース

 

ロボティクスコースでは、スマートフォンやマイクロコンピュータを用いた                            最新の通信技術を取り入れ、ロボットの設計開発という観点から                                 機械工学の理解を深めていきます。                                              専門的かつ実践的な領域を修得できるので、全国規模のデザインコンペでの受賞歴も豊富。                     日本の未来を担うロボット開発設計者としてのスキルが身につき、                                就職活動でも大きな強みになります。

 

技術情報2